生産管理システムは費用軽減・生産性の向上におすすめ!製造業がシステムを導入する理由は?


生産管理システムは費用軽減・生産性の向上におすすめ!製造業がシステムを導入する理由は?

製造業がシステムを導入する理由

生産管理システムは、製造業において生産計画・販売・在庫管理・商品の品質管理などの面で自社の課題を洗い出し、作業の効率化や生産性向上、費用軽減、収益改善につなげる総合的な管理システムのことです。製造業を営む企業では、生産管理システムを導入することで具体的にどのような利点があるのでしょうか。

ここでは、中小企業が生産システムを活用する利点や、生産管理システムを自社に合わせてオーダーメイドで導入する際の注意点について詳しく解説いたします。

中小企業が活用する利点

タブレットを持つ男性

中小企業が生産管理システムを活用する利点には、どのようなものがあるのか確認しておきましょう。

納期遅れや在庫切れを防止する

生産管理システムを活用することで、商品の納期遅れ・誤発注・手配ミスをなくすことができます。商品の生産管理を一元化すれば、生産ラインの効率化が高まり、納期の短縮につなげることも可能です。

生産管理システムでは在庫数をリアルタイムで正確に把握できるので、より適切な在庫数を維持することができます。在庫数の最適化は在庫切れを防止するだけでなく、安定した資金繰りと収益を実現するために重要な要素です。

販売・発注計画の精度が高まる

自社の生産能力を踏まえて、適切な販売・発注計画を立てることができます。自社のそれぞれの部門で生産方式が違うケースもありますが、その場合も受注生産計画と見込み生産計画を上手く分けて使用することが可能です。システムの導入で自社の過去実績から適切な数値を割り出し、それをもとに生産計画を立てることもできます。

費用削減と品質の安定

それまで手書き・手入力で行っていた業務を、タブレット端末やハンディ端末での入力に代えて自動化することで、作業効率を上げ、現場負担を軽減することができます。システム導入による自動化は、工程削減や人件費削減に繋がります。

手作業での工程が少なくなると、人の手が介入する場合よりも品質も安定するのは間違いありません。また、システムの導入によって適切な人員配置・生産量を踏まえたバランスの取れた作業量を実現できるので、現場の負担を大きく軽減することも可能です。

不良率の改善と対策

生産管理システムの導入によって、不良が発生しているかどうかを即座に把握できるようになるのです。また、どの工程で不良が発生しているか、不良が発生している頻度はどれくらいかといったことも明確にできます。さらに、発生した不良情報をリアルタイムで集計・蓄積し、不良発生の原因を突き止め、改善につなげることが可能です。

オーダーメイドで導入するなら押さえたいポイント

電球とPOINTの文字

ここでは、オーダーメイドで生産管理システムを導入する際に押さえておきたいポイントをご紹介いたします。

自社の課題とニーズに合ったシステムを選ぶ

生産管理システムを導入する一番の目的は、「自社の課題や問題点を改善し、費用削減、収益向上に結びつけること」です。当然のことですが、自社が抱える課題に合った生産管理システムを選択しなければ、いくらシステムを導入しても問題の改善にはつながりません。

生産管理システムといっても、種類や機能は様々です。自社にニーズを満たすシステムは何なのかを事前に検討しておくことをおすすめいたします。

自社の生産形態に適したものを選ぶ

同じ製造業でも、生産形態は受注生産・計画生産・ロット生産・個別生産など様々な種類があります。自社の生産形態に適した管理システムを導入しなければ、管理の最適化が図れず、余計な費用が生じることもあるのです。

会社によっては、複数の生産形態を取り入れているケースも考えられるため、どの生産管理システムが自社に最も適合するかを見極める必要があります。

自社で使いこなせるかどうかを検討する

どれだけ高機能な生産管理システムであっても、自社で上手く使いこなすことができなければ宝の持ち腐れになってしまうためおすすめできません。高機能な管理システムを導入してみたけれど、機能が複雑すぎて上手く活用できていないというケースも目立ちます。

また、システムの機能が複雑であればあるほど、現場作業員の負担が増え、また社内でのシステムの普及も遅れてしまう可能性があるでしょう。高機能な生産管理システムは導入費用も高くなります。

自社のニーズを満たすものであれば、必要な機能が揃っている費用対効果の高いシンプルなシステムを導入するのがおすすめです。さらに、いざというときに24時間体制でサポートが受けられるサービスを選んだほうがより安心でしょう。

拡張性があるかどうか

業務内容の変化によって、既存の管理システムでは自社のニーズを満たすために機能が不足してしまうということがあります。しかし、新しい機能を追加したい、システムの機能を変更したいと思っても、拡張性のないシステムであれば対応できません。

最初から拡張性の高いシステムを導入していれば、自社の業務内容の変化に合わせて適切な管理システムに変更することができます。一から新たにシステムを導入するよりもコストはかからず、また課題に合わせて上手くシステムをカスタマイズすることができ、おすすめ度も高いです。

受託で開発を依頼するポイント

生産管理システムを導入する場合、システム開発を外部企業に依頼するか、それとも自社開発にするかで迷うことも多いでしょう。受託開発と自社開発はそれぞれに長所と短所があるため、どちらがおすすめなのかは一概にいえません。どちらの開発方法が自社に合っているかを事前にしっかりと吟味する必要があります。

生産管理システムを受託依頼する際の開発の進め方・流れをご紹介するとともに、受託開発と自社開発のメリット・デメリットについて解説いたします。

開発の流れ

話し合う顧客と業者

受託で開発を依頼する際の一般的な流れは以下のとおりです。

システム開発会社へ依頼

生産管理システム導入の最初のステップは、システムの開発会社に依頼を出すことです。自社の課題に合ったシステムを開発できる会社であるかどうかを事前に吟味したうえで、発注を行います。インターネットを利用して自社のニーズに合った開発会社を探してみてください。

担当者と打ち合わせ

依頼する会社が決定したら、開発を担当するプログラマーやSEと打ち合わせを行います。どういう機能を持ったシステムにするか、主な目的は何か、どのような課題があるかなどを話し合い、システムの仕様と予算を決めていくのです。要望と開発とのあいだで齟齬が出ないように、できるだけ詳しい資料を用意して打ち合わせに臨むことをおすすめいたします。

費用の見積もりを出してもらう

システムの仕様が決まったら、費用の見積もりを算出してもらいます。見積書には、機能に関することだけでなく、動作保証・検査・開発期間など様々な項目が記されているのが特徴です。また、見積もりの段階で追加費用について確認しておくことをおすすめいたします。

システムの開発開始

見積書を受け取り、費用に納得したら契約を締結し開発を開始します。

システムの開発が開始されたらそのまま任せきりにするのではなく、開発中にも担当者と打ち合わせを行い、進捗状況を確認することをおすすめいたします。開発中の打ち合わせは、開発内容・仕様の確認の意味だけでなく、納期遅れの防止にもつながります。仕様を変更したいときは、開発途中の打ち合わせのなかで変更点を決めていきましょう。

ただし、その場合は、追加費用が発生する可能性もあります。費用を追加できない場合は妥協点を見つけて当初の予算内に収まるようにご検討ください。

システムの完成

システムが完成したら、動作確認を行います。機能の面で何か問題があれば修正を依頼し、その後正式に完成・受領という流れです。システムの導入後に何かしらの問題が発生したら、開発会社にサポートをご依頼ください。

受託開発と自社開発はどちらがよい?

meritが書かれたパズルのピースとdemeritの文字

受託開発と自社開発は、どちらがよいのでしょうか。それぞれのメリットについて、ご紹介いたします。

受託開発のメリット

・リソース負担の軽減

システムを自社開発するとなると、それに伴い人員・コスト・時間の確保が必要になります。受託開発を依頼すれば、それらのリソース負担がなくなり、他の業務にその分のリソースを割くことができるようになります。

・開発費用の引き下げ

システムの受託開発を依頼する場合、基本的に複数社に依頼をして見積もりを出してもらう形(またはコンペ)になるため、価格競争によってより開発費用を抑えて依頼ができます。

・開発ノウハウの吸収

システム開発のプロフェッショナルに受託開発を依頼する場合、開発を丸投げするのではなく自社もその開発に積極的に関与することで、システム開発におけるノウハウを吸収することも可能です。

受託開発のデメリット

・仕様変更や修正が難しくなる

受託開発は外部企業へ依頼を出すため、丸投げの形にしておくと開発途中または開発後の仕様変更・修正が難しくなる可能性があります。そのため、開発段階からできるだけ主体的に関与し、打ち合わせも頻繁に行うことをおすすめいたします。

・自社のエンジニアが成長しない

システム開発を外部企業に依頼すると、当然ながら自社のエンジニアの開発機会は減りますから、エンジニアのスキル向上につながらないというデメリットがあります。

自社開発のメリット

・コミニュケーションの取りやすさ

自社開発では自社の社員による社内だけのコミュニケーションとなるため、その分システム開発における細かな仕様やニュアンスが伝わりやすくなり、食い違いなくスムーズに開発を進めることが可能です。

・スケジュールと納期が柔軟

システムの開発途中に問題が生じても、自社開発であればすぐに対応でき、かつスケジュールも柔軟に変更することができます。

自社開発のデメリット

・新しい技術やノウハウが吸収できない

自社だけの開発となると、自社が採用している既存の技術とノウハウのみでの開発となります。そのため、新しい技術・ノウハウを外部から得られる機会がありません。既存の技術・ノウハウだけの開発では、生み出せるシステムの幅が狭くなり、結果的に受託開発よりも質の悪いシステムになってしまうということも考えられます。

・開発費用が無駄になる可能性も

外部のスペシャリストに開発を依頼せず、自社だけでシステムを開発した場合、技術力の低さや課題分析の不十分さから効果のあるシステムが開発できない可能性もあります。もしも、開発したシステムに欠陥が多ければ、開発にかかった費用がほとんど無駄になってしまうおそれもあります。

システムの開発はスペシャリストへの依頼がおすすめ

生産管理システムの開発においては、受託開発と自社開発でそれぞれにメリット・デメリットがあります。どちらを選択すべきなのかは、それぞれの会社のニーズや目的、何に重きを置くかで違ってくるでしょう。

システムを開発できるほどの技術力やノウハウがない場合は、システム開発のプロフェッショナルに受託開発を依頼するのがおすすめです。受託開発であれば、会社のニーズや課題をしっかりと分析し、利益を上げるための最適な生産管理システムを開発できます。

坂本レゾナンスでは、安心・便利・導入しやすいソフトウェアの開発・販売を行っております。企業が求めているソフトウェアをともに創り上げていくことも可能ですので、自社に合った生産管理システムを求めている企業様はお気軽にご相談ください。

費用削減したいなら坂本レゾナンスの生産管理システムがおすすめ!

会社名 株式会社 坂本レゾナンス
代表者名 坂本 賢吾
設立日 2017年03月15日
住所 〒391-0011 長野県茅野市玉川4523−1
TEL 0266-55-5905
FAX 0266-62-2819
E-mail info@s-resonance.co.jp
WEBサイトURL https://s-resonance.co.jp/
業務内容
  • Webアプリ開発(タブレット・スマホ対応)
  • デスクトップアプリ開発
  • HP作成
  • HPへアプリ組み込み
  • PC教室・PC販売/修理/サポート
  • イベント企画(諏訪湖☆まんまる祭り本部)