製造業向け生産管理システムを導入して管理を楽に!押さえておきたいポイント


製造業向け生産管理システムを導入して管理を楽に!押さえておきたいポイント

導入前に価格について知っておこう

製造業にて生産管理システムの導入を検討している方にとっては、費用は特に気になるポイントではないでしょうか。業務ごとに価格が変動する生産管理システムにおいて、自社の場合にかかる見積もりをあらかじめ知っておきたいと考える方も多いでしょう。

ここでは、生産管理システムにおける費用の構成、そして目安の価格などを解説いたします。製造業で生産管理システムの導入を検討している企業様は、ぜひ参考になさってください。

見積もりについて

見積書と電卓とペン

まずは費用構成と見積もりを依頼する際の注意点を確認しておきましょう。

生産管理システムの費用構成

生産管理システムを提供する会社によっても異なりますが、大まかには下記の構成となります。

  • パッケージ費用
  • セットアップ費用
  • カスタマイズ費用

パッケージとは、あらかじめ用意されている機能です。原価の計算や生産の実績登録、状況照会といった機能は多くがパッケージに含まれています。しかし、利用する企業の状況に応じて機能の変更や追加が必要です。加えて、あらかじめ用意されているシステムの利便性を高めるために必要なカスタマイズにかかるシステムエンジニアの人件費や、作業代金が加算されます。

見積もりを依頼する際の注意点

見積もりを依頼する企業を選定する際には、自社開発している企業を選ぶのがおすすめです。下請けの企業に委託している場合、費用が高くなり時間もかかってしまう可能性があります。

特に費用に関しては安さにこだわっていないケースもあるでしょう。しかし、下請けに委託している会社ではカスタマイズに欠かせないコミュニケーションに時間がかかってしまうのが大きな問題です。

見積もりを依頼してから価格を提示してくれるまで、自社開発なら1週間程度で回答をもらえます。一方、下請け会社にすべて任せている企業では見積もりの返答が出るまでに1か月近くかかってしまうケースもあるのです。依頼してから返答までに期間を要してしまうと、導入後もトラブルが起きた場合の解決に懸念が生じます。

見積もりは大切な作業

生産管理システムでは、費用に対しての生産性や品質など様々な項目を管理しなければいけません。導入効果を高めるためには、精度の高い見積もりが求められます。

見積もりの段階で費用以外にも、導入した際に下記のような内容を提示してもらえるかもご確認ください。

  • 生産性の向上度合い
  • 改善点は何か

見積もり段階において導入効果をしっかりと説明してくれる会社であれば、安心して任せることができます。

坂本レゾナンスでは、フルオーダーメイドとベースパッケージを必要に応じてバージョンアップさせていくセミオーダーメイドを中心に、製造業に適した生産管理システムの開発が可能です。導入後も末永くお付き合いができるWin-Winの関係を創り上げられるよう努めますので、製造業に適した生産管理システムをお探しの企業様はぜひご活用ください。

相場について

電卓を持つ手

生産管理システムを導入する際、フルオーダーメイドで設計するのか、パッケージの一部を変更するのかによって費用は大きく異なります。そのため、見積もりは業務内容を把握したうえで算出されるのが一般的です。

しかし、ある程度の費用を知っておきたいと考える方もいるでしょう。下記では、参考になる費用をいくつかご紹介いたします。

業務別に見た金額の目安

主なパッケージ金額の目安は下記のとおりです。

食品製造業:650万円前後

機械製品の製造業:650万円前後

金属製品製造業:750万円前後

金型製品製造業の金額が他と比べて高くなっている理由としては、金型のプレス回数を管理するシステムなどのカスタマイズが必要となるケースが多いためです。

一方、機械製品の製造業に使われる内容は、一通りベースのパッケージに含まれているケースが多く、追加の費用を抑えられるケースが多いです。食品製造業の場合は、賞味期限の管理や商品の追跡をもつシステムが向いており、ベーシックなプランで問題ないこともあります。

ただし、上記はあくまでも一般的な目安です。企業内容や依頼会社によっては費用が変動する場合があり、企業の規模でシステム導入の費用が大きく変わる場合も珍しくありません。小規模から中規模向けの生産管理システムでベースシステムを応用できる場合、230万円から280万円ほどで利用できるケースもあります。

費用形態の違い

一口に生産管理システムといっても、決済方法は様々です。クラウド上で生産管理システムのデータを取り扱う場合には、月単位年単位での費用が発生する場合もあります。

開発にかかる費用に加えて、維持費がかかるのかも見積もりの際に確認しておくべき点です。定期的にかかる費用の目安としては、月数万円程度となります。

必要となる管理システムの違いで費用は変動する

費用を抑えるポイントとしては、導入企業の特徴に合わせた項目を用意している生産管理システムを選ぶことです。受注発注や仕入、売上項目などは多くの企業に使われますが、その他にも業種によって必要となる項目に違いがあります。

  • バーコード付きの書面読み取り
  • 仕入れ時と完成時の原価変動
  • 資材管理
  • 作業工程スケジュール管理
  • 債権
  • 海外の為替変動
  • 複数言語対応
  • 個別の受注生産

生産管理システムの見積もりを依頼した場合、金額から選ぶのではなく業務に活用するシステムがあるかでお選びください。業務に沿わないシステムを活用した場合、正確なKPIや費用が算出できません。

導入することでどのような効果があるのか

生産管理システムを導入するにあたり、メリットに期待しているけれどデメリットを不安に感じている方もいるでしょう。生産管理システムを導入すれば、必ずしも期待していた効果が得られるとは限りません。

ここでは、生産管理システムを導入するとどのようなメリットがあるのかご紹介いたします。加えてデメリットと導入するにあたり失敗しないためのポイントもご紹介いたしますので、ぜひご覧ください。

メリットについて

meritと書かれた紙

生産管理システムを導入するメリットをご紹介いたします。

人件費の削減やミスの発生防止につながる

生産管理システムの導入では、製造に伴う工程を自動的に管理できるのが大きなメリットです。製造から納品までの流れや請求などを人の手によって管理する場合には、時間がかかるだけではなくミスの可能性も高くなります。さらに作業するための人件費が発生するのです。

生産管理システムを活用し自動化すれば、人件費を削減しつつ効率的に管理できます。導入時や毎月の費用負担が増えてしまうものの、業務に沿ったシステムを活用し自動化することで本来かかっていた別の費用面を節約できるのです。決して安い導入費用ではないかもしれませんが、得られるメリットは大きいでしょう。

生産コストを削減するためには下記の2点が重要です。

  • なくしても問題のない作業を排除する
  • 製造作業の稼働率を向上させる
  • 自動化できる部分は自動化機器を使用する

生産管理システムでは実際に製造する機器の作業を除けば、上記の3点をほぼすべてまかなえます。

製品価格の低下で競争に勝てる

現代の市場では消費者が購入したいという意欲が高くなっており、家庭で使用する家電製品もどんどん新製品が販売されていく状況となっています。競争率も高い時代であることから、消費量に対して生産量を上げるだけではなく製品の価格低下も求められているのです。品質の高い商品であっても一般的な消費者が購入できる価格に下げるためには製造コストを抑える必要があります。

生産管理システムを導入すれば、生産や管理にかかるコストを下げられるため商品価格に反映可能です。低コストにより同じ製品を販売するライバルと差をつけられます。

坂本レゾナンスの生産管理システムを導入したケースでは、データベースを導入することで業務が改善された事例が多くあります。詳しくは導入事例をご覧ください。

デメリットと対応策について

demeritと書かれた積み木をさす指し棒

生産管理システムを導入することで失敗してしまう、導入前と比較して改善がされないということもゼロではありません。下記では、デメリットと対応策について解説いたします。

発生しうるデメリット

生産管理システムを導入するデメリットは、初期費用に加えてランニングコストが発生する点です。他にも導入したものの、思っていた効果が得られなかったケースもデメリットといえます。

失敗の対応策

失敗する事例として多いのが、導入する際に目的が決まっていないケースです。製造にかかるコストの削減や管理にかかる作業時間など、改善したい点をあらかじめ明確にしておいてください。

事前に改善したい点をはっきりさせておき数値化しておけば、導入後に数値が改善されているかも把握しやすくなります。導入した効果を把握していないと、そもそも改善されているかどうかの判断も難しくなってしまうのです。

また、導入の目的を設定する際には、個別の作業工程の効率を高めるのではなく生産全体の工程を改善するように考えなければいけません。個別の作業だけで見てしまうと、管理システムの内容が最適化されておらず結果として使いにくいシステムになってしまいます。

導入する生産管理システムによっては、求めている機能がすべてそろっていないケースも考えられます。求める機能をリストアップしておき下記のように優先順位をつけておいてください。

  • 必ず改善しなければならない点
  • 優先度は高くないが改善したい点
  • 改善できなくてもよい点

見積もりする際に上記の内容を伝えておくことも重要です。開発やカスタマイズする会社が改善点を把握していなければ、生産管理システムは最適化されません。

生産管理システムを導入する際には、企業全体で取り組んでいくことも必要です。導入だけ検討し、すべて事務部署に任せるのではなく、現場のスタッフに加えて会社全体を管理する役員や社長が一丸となって選定する必要があります。

生産管理システムを導入し生産管理をスムーズに

生産管理システムを製造業で管理する際、価格の目安としては一般的に650万円から750万円前後です。しかし、パッケージシステムをそのまま使うのか、カスタマイズするかといった状況によって変動します。また、毎月もしくは毎年費用が発生するケースもあり、導入した場合でもきちんと状況を改善できなければコストが無駄になってしまいます。

失敗しないためには改善点をあらかじめ設定しておき、複数ある場合は優先順位をつけておくことが大切です。また、事務系の部署に任せるのではなく現場も含めた会社全体で取り組むようにしましょう。

坂本レゾナンスでは、フルオーダーメイドとベースパッケージを必要に応じてバージョンアップさせていくセミオーダーメイドを中心とした生産管理システムをご提供しております。お客様が課題とされている本質を発見できるよう努め、それをもとに開発を進めてまいりますので、製造業向けの生産管理システム導入をお考えの企業様はお気軽にご相談ください。

製造業向け生産管理システムで管理するなら坂本レゾナンス

会社名 株式会社 坂本レゾナンス
代表者名 坂本 賢吾
設立日 2017年03月15日
住所 〒391-0011 長野県茅野市玉川4523−1
TEL 0266-55-5905
FAX 0266-62-2819
E-mail info@s-resonance.co.jp
WEBサイトURL https://s-resonance.co.jp/
業務内容
  • Webアプリ開発(タブレット・スマホ対応)
  • デスクトップアプリ開発
  • HP作成
  • HPへアプリ組み込み
  • PC教室・PC販売/修理/サポート
  • イベント企画(諏訪湖☆まんまる祭り本部)