板金加工屋さんへ製造業業務管理ソフト導入

去年より補助金の対象ソフトとしても認可を受けている、
【製造業業務管理ソフト】導入事例。

長野県長野市手前の千曲川沿いのある更埴という場所で創業し14年、社員数16名の
クリエイティブワーク株式会社様より
お話を頂き導入させて頂きました。

以前は、完成した製品の図面を工場内の検査室から図面を
30メートルほど離れた事務所まで運び、それを元に納品書を手書きしていました。
全体の納期も毎週エクセルで一覧にして共有されていました。

システム化をすることで実現させたい事は
・受注時に受注登録し、全体の受注状況と納期を社員全員で共有したい。
・今日、何が納品できるのか仕上がった製品を現場と事務所で共有したい。
・リピート品は工程管理表を繰り返し使い、誰でも発行できるようにしたい。
・受注量が増えてきたため、事務員の負担を軽減したい。
事でした。更に、
その先にはどんな会社を描いているのか?
【三方良し】を経営理念にも入れている、宮川社長と何度もお打ち合わせをさせて頂き、
管理を正確にする事で情報共有が出来、無駄が省けることで売上増加に繋がり、
最終的には社員のみんなの生活をより豊かにしていきたい。と、言うことでした。

導入し、クリエイティブさんの”今”を聴くと、最初こそ今までのやり方と違ったため
戸惑いがあったようですが、社内共有がしっかり出来るようになった。
そして
工場の検査室で完成した製品名をクリックするだけで、
事務員は納品書ボタンをクリックで会社別の本日納品の納品書が発行出来、
とてもスムースに仕事が流れている。との声を聴くことが出来ました。

現在、導入したソフトへのカスタマイズとして
工場の機械ごとにスマホ・タブレットを使用し製品毎の進捗管理のご相談を頂いていると共に、
タイムカードから勤務時間や残業時間を計算出来るソフトはあまりない存在しておらず、
そこを叶えた給与計算ソフトも作成し納品させて頂きました。

クリエイティブワース様、どうぞ末永くお付き合いお願いいたします。
ありがとうございました。

Follow me!