新規Windows7

Windows7

新規のパソコン

理由は様々でしょうが未だにある一定の需要があるようです。
この度サポートの切れている新規Windows7の依頼。
私の中でも一番好きなOSです。

今回は長年使ってきたWindows7がいよいよ限界がきたそうです。ある機械を操作するためのソフトをWindows10に対応させるには数百万かかるそうで、ずっとWindows7で対応せざるを得ないようです。

依頼が昨年でしたらすんなり行ったのでしょうが
サポートが切れてるOSの対処が大変勉強になったので記しておきます。

まず、ハードのCPUは第六世代までのIntelしか各ドライバーが対応していないのでまともに動かないようです。RyzenもNGとのこと。

この問題をクリアして無事Windows7の新規インストールは完了しましたが

一番手大変だったものが更新プログラムを適用させるWindows Update。
更新プログラムの確認が使えない。
原因はサポートが終了しているから。に尽きます。
更新プログラムの一覧から色々と調べてサポート終了していてもWindowsUpdateを適応させる方法がありましたので、参考までに記事にしておきます。

ネットでは今は使えない情報が多かった(「KB4474419」「KB4490628」「KB3133977」を先にインストールさせる関連です)

最速でWindowsUpdateを終わらせる手順 2021年版


1.SP1プログラムのインストールhttps://www.catalog.update.microsoft.com/Search.aspx?q=KB976932
お使いのOSに合わせた物をダウンロードしインストールします。

再起動

2.重要な更新プログラムのインストール
https://www.catalog.update.microsoft.com/Search.aspx?q=KB3138612
お使いのOSに合わせた物をダウンロードしインストールします。

再起動

3.更新プログラムの確認
上記2つさえインストールすれば更新プログラムが無事に動きます。
何度も確認し、無くなるまで更新を続けます。

以上で完了

これでこの先もWindows7の需要に応えられそうで一安心。

※Windows7はサポートが切れています。
コロナと同じように自分がかからなければ良いのではありません。
自分のPCを媒介に他の誰かに迷惑がかかる可能性をはらんでいます。
くれぐれも取扱は慎重にお願いいたします。

Follow me!

次の記事

Laravel