旋盤とマシニングの製造業

今の時代、なんでも自動化という流れの中で
以前は主流だった手間のかかる多品種小ロットを専門とする工場は存在価値をより増し、
この道を極めてきた職人さんの世代交代も相まって、需要も近年急速に増し始めた。

その内の一社が
茅野市米沢の金属加工業
合同会社ラフィスさん

最近、息子さんが自衛隊からこの業界に入りマシニング加工を始め
父の作った丸ものの二次加工や板もの単体の加工も可能といった様に
より顧客ニーズに応えられる体制を整え始めた。

この会社とは何かと縁が深い。
まだ、私が製造業界にいたころからのお付き合い。
駆け出し社会人で右も左もわからない中、私の確認不足で
こちらからの発注の際にご迷惑をお掛けしたことがある。

7.8年前の冬。どんど焼きの時期だったと思う。
怒鳴られてしっかり怒られて、半泣き状態でお菓子を持ってお詫びに行った。
社長は覚えているのだろうか。。。

山岸社長親子と

いわゆる苦手意識を持ってしまったが、避けては通れぬ会社。
加工の綺麗さや精度、対応力そして値段と優れているため当時勤めていた会社でも重宝されていたからだ。

最初こそ気まずかったのは事実だが、社長の人間性のお陰で徐々に勝手に抱いていたわだかまりは消えていき
次第に良い関係になっていったのを覚えている。

以前、仕事の値段に関する話を伺ったことがあるが、
やはり、人だ。と言っていた。
あまりにも値段が違っていたら話は変わってくるが、
多少の差なら、高くてもその人から買う。ときっぱり言い放った。

本当に困っているときに文句を言いながらも終いには笑って何度も助けてもらったり、
私が独立した際にはお祝いを頂いたりし、今もご縁が続いている。

システムこそ、以前より使用している他社製のシステムを大切に今も使っているのでお声はかからないが、
周辺のネットワーク、PC購入やソフトのレクチャ等多岐に渡りお仕事を継続的に頂いている。

今回はソフトのレクチャでお呼びがかかった。
内容は伏せるが、
こだわりが強く、より質の高いものを常に求め向上心が強いが故。
の複雑なソフトの設定をさせていただきました。

山岸社長。
いずれは、うちのソフトもお願いしますね!

いつもありがとうございます。